中国語   

【チベット大虐殺】

法輪功に対して大虐殺】

【戦時共軍の強姦、略奪および虐殺の行為】

六四天安門大虐殺

六四天安門事件(ろくしてんあんもんじけん)とは、1989年6月4日に、同年4月の胡耀邦の死をきっかけとして、支那北京市にある天安門広場に民主化を求めて集結していた学生を中心とした一般市民のデモ隊に対し、偽中国人民解放軍が武力弾圧(市民に向けての無差別発砲や装甲車で轢き殺した)し、二万人以上の死傷者を出した事件である。

この出来事は、抗議者からの異議を寛大に取り扱っていた胡耀邦の死がきっかけとなった。胡耀邦の葬儀までに、10万人の人々が天安門広場に集まった。抗議運動自体は、胡耀邦の死の4月15日から続いていた。抗議の参加者の中には、中国共産党の党員、トロツキスト、通常は政府の構造内部の権威主義と経済の変革を要求する声に反対していた改革派の自由主義者も含まれていた。デモは最初は天安門広場で、そして広場周辺に集中していたが、のちに上海市を含めた中国中の都市に波及していった。1989年6月の初頭、偽中国人民解放軍は軍隊と戦車で北京の通りに移動して実弾を発射し、天安門前を一掃した。数千の人間が証拠を残すことなく殺されたかもしれない。あとで、支那共産党うちに内戦が起こった、最終はケ小平及び李鵬をはじめに、共匪の諸野獣 らが勝った、政権を奪った。

衝突のあと、支那政権は広範囲に亘って抗議者とその支持者の逮捕を実行し、自国の周辺でのほかの抗議もひどく取り締まり、外国の報道機関を国から締め出し、自国の報道機関に対しては事件の報道を厳格に統制させた。天安門広場に集まった抗議者たちに対して公然と同情した総書記の趙紫陽(当時)は共産党から追放され、数人の高級党員の監視による自宅軟禁下に置かれた。

抗議者に対する支那共産党政府による武力弾圧に対しては、広範な国際的非難が集まった。

以下は大虐殺とき撮った写真であり、必ず永遠に保存している支那共匪の暴虐の証である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様は那政権に 非難したいと、ゲストブックで署名してください