中国語

   

暴虐の偽中華人民共和国が成立したから、内部に対して人権や自由を侵犯しながら人民を虐殺し続けている。ですから、我々はここで わざとこの「偽中華人民共和国の暴行展覧】サイトを設立し、皆に支那共産党の悪行を見せる、一緒にこの国家の実態を見よう。

六四天安門大虐殺

法輪功に対して大虐殺】

【戦時共軍の強姦、略奪および虐殺の行為】

チベット大虐殺

2008年のチベットデモは、2008年3月10日に偽中華人民共和国「チベット自治区」ラサ市において、チベット独立を求めるデモをきっかけとして発生したデモを指す。ラサ市内の暴動は3月16日までに鎮圧されたが、チベット民族が居住する四川省・青海省・甘粛省などに騒乱もその後起こった、

デモは偽中華人民共和国「チベット自治区」のラサ市において、1959年のチベット蜂起から49年目に当たる2008年3月10日に合わせて開始されたが、これに対して、共産政権がこれは「暴動」を指していたが、当初チベット亡命政府はラサ市で行われたのは平和的なデモだったと主張しており、ダライ・ラマ14世もこれに理解を示す声明を出していたが、第3者であるマイルズ記者が事態を目撃していた事が3月19日に明らかになると、「暴徒は中国兵が僧侶に変装したもの」、との見解を発表し、その証拠写真としてチベットの運動家は“中国軍兵士が僧侶役のエキストラとして参加した映画撮影時に撮影された写真”を示した。3月16日に、共産党武警・公安部隊が催涙ガスやゴム弾など非致死性兵器を使用して暴徒を解散させた。

支那政府は、「暴徒」が多数の僧侶に扇動されていると考え、ラサ市内にある3箇所の大僧院を封鎖し僧侶達を幽閉し、3月17日に街頭スピーカーから「暴動参加者」へ対する、自首による罪の減免措置が通告され、多くの者はこれに応じて自主的に公安局へ出頭し、「暴動」は市街の多くを破壊して終焉した。

四川省 アバ州でのデモ3月16日、四川省アバ州において、ラサ市内でチベット人が回族を襲撃した事への危機感と、回族の犠牲者に与えられた残虐行為の噂が回族住民の怒りに火を付け、独立派チベット族の開いていた集会を襲撃した事に始まり、銃撃を含む衝突が発生した。

「中国政府」のデモ鎮圧活動は少なくとも140名以上の多くのチベット人が虐殺されたとチベット亡命政府は主張している。 一方で、支那当局はこの暴動全体での死者数を22人と発表し、もちろんこれは信じられない。

2008年4月2日の「人民網日本語版」によると、現地に潜入していたチベット青年会議の中心メンバーは、青海省を逃走中に公安局に発見され、銃撃戦の末に射殺されたが、この際公安局のチベット人将校も死亡したと発表している。また、各地の寺院内に秘匿されていた武器・弾薬や爆薬などが発見された事を発表している。

4月3日に起きた四川省カンゼ・チベット族自治州での騒乱では、香港各紙は僧侶を含む8人が死亡したと報じている。米政府系のラジオ・フリー・アジアは目撃者の情報として、15人が死亡、多数の負傷者が出ていると伝えた。

2008年4月29日には、チベット亡命政府は死者数203人、負傷者は1千人以上、5715人以上が拘束されていると発表した。

2008年7月10日のチベット自治区のバイマチリン「常務副主席」という人の記者会見を報道した新華社通信によると、3月14日のラサ市「暴動」での逮捕者は953人、うち362人が自首、116人が裁判中であり、4月29日に30人の裁判が結審し、最も軽い者で懲役3年、重い者で無期懲役が言い渡され、6月19日・20日に12人の裁判が結審し、放火、窃盗、社会秩序騒乱罪、国家機関襲撃罪など19の罪状が認定された。

皆様は那政権に非難したいと、ゲストブックで 署名してください

 

 

 
 

 

回主頁